大里城跡


大里城跡

●大里城跡【おおざとぐすく】/大里村

大里城跡は、別名「島添大里グスク」とも呼ばれ、

城主であった南山王、島添大里按司【しましーうふさとあじ】によった築かれた。

築城年代は、14世紀頃だと伝えられ、その頃は隆盛を極めたと伝わる。

また、尚巴志【しょうはし】が三山統一の時、最初に攻略した城ともいわれている

大里城跡 建物があったような跡
大里城跡 上からの眺めは、壮大
チチンガー ●チチンガー
グスクの南のはしには、
精巧に石積みされた
チチンガー(包囲)と呼ばれる井戸がある
カニマン御嶽 ●カニマン御嶽
グスクの外西端にある
大里按司の墓 ●大里按司の墓

戻るメニューへ グスク一覧表グスク一覧表


2002©Tsu-mu.All rights reserved.
[PR]動画